【特集】ライダー・スポンサー制度5:ライダー・スポンサーの種類とは?

  1. Home
  2. 【特集】ライダー・スポンサー制度5:ライダー・スポンサーの種類とは?

2016-01-21 03:43:49

カテゴリー:ライダースポンサー制度


8234509674_70d271b56e_z.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ライダー・スポンサー契約】とは?

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「スケート・ブランド」の「スケート・

チーム」は、基本「ライダー契約」を

交わしたスケーターで構成されている。


ローカル・ショップ(小売業)からの

「ショップ・スポンサー」と、ブランド

やメーカーからの「企業スポンサー」

の2種類があり、企業スポンサーには、

フロー、アマ、プロ、の三段階がある。

この合計4種類が、制度の基準である。


・【店舗】:ショップ・ライダー

・【企業】:フロー・ライダー

・【企業】:アマ・ライダー

・【企業】:プロ・ライダー


↓↓↓↓↓


skateshop_image.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ショップ・スポンサー/店舗協賛】

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

地元のショップ(小売業)やローカル

に分散した小規模メーカーによる後援。

一般的に、地元の有名なスケーターが、

公共スケートパークやローカル大会で

指定商品(設備)を使用する約束の元、

その商品の割引きや無料提供等を行う。





boys w skateboards

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【企業スポンサー/フロー契約】

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

スケートボード・ブランドやメーカー

企業が、商品を無料提供する代わりに、

ライダーは各活動でその商品を使用し、

企業主催イベント等に参加をする契約。

企業スポンサーの中で最も軽い待遇の

フロー契約は、初期スカウト、お試し

サポート、チーム適正判断期間枠など、

企業によって目的が異なることも多い。





Skateboard-road-900x1600.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【企業スポンサー/アマ契約】

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

企業が、無料で商品提供を行うことで、

指定の競技大会やイベントへの参加等、

特定の時間と労力を約束したスケート

ボーダーに対し、時折、必要な活動費

や個人的なプロモーションの機会等の

提供も含め、活動面をサポートをする。

尚、ライダーにより契約内容が異なる。





jon sharratt cast away life of sin skateboard hands2

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【企業スポンサー/プロ契約】

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

プロライダーが、常に練習することが

可能になるため、実質的な給与を払い、

追加雇用の必要なくフルタイムでシー

ズン競争可能なチーム体制を構築する。

待遇は、契約報酬、物品提供、メディ

ア露出、チーム活動へのメイン参加等。

尚、ライダーにより契約内容が異なる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー



上記の4種類は、アメリカのスケート

ボード業界が基本としている制度形態。

日本もこれを真似して制度が存在する。



又、スポンサー制度は、ショップ毎に

内容が異なったり、ショップでも企業

同様に段階を設けているケースもある。

又、企業でも、フローだけやっている、

フローだけやってない等、各ブランド

によって質や内容が異なることは多い。



特に日本のスケートボード業界の場合、

ほとんどの企業が、ライダーが安定的

に活動を維持できるほどの給与を支援

しているケースは、現状非常に少ない。


前回ブログでも書いた通り、ライダー

のスポンサー環境は、ライダーの手に

よって、より良い環境へと開拓したい。


勿論、企業側がスケートボーダーを大

切に考えるかどうかが、一番肝心だが、

そう考えて貰えるように努力をしたい。


ここまでの定義を踏まえ、次回記事は、

今現在の制度はさておき、今後、スポ

ンサー環境をより良くするために必要

な概念を、他のスポーツ以外も参考に

しつつ、自由に思考してみたいと思う。


何事も、先の展望も視野に活動したい。


↓↓↓↓↓

▶次のページ6へ


このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。
コメント(必須)