【SKIT】〜時代激変の90年代を解説する前に〜

  1. Home
  2. 【SKIT】〜時代激変の90年代を解説する前に〜

2013-08-02 20:16:08

カテゴリー:ストリートスケートボードの歴史


9b9411dd310d0abe1e5662232082dc50.jpg     ※↓応援クリックをカチカチッとお願いします☆      
  1. 【時代激変の90年代を解説する前に】
    今現在ここ日本でも、   公共のスケートパ—クが建設されるなどの   市民権を獲得するカルチャーにまで成長した   ストリート・スケートボード。     shop3.jpg     かつてストリート・スケートボードが、   本格的にシーンを牽引する   メインストリーム(王道)として成立し   発展の道を辿る切っ掛けを育んだ時代。     8185921889_1293930efc_z.jpg     「第三次スケートボード・ブーム」を   プロスケーター初、アメーバ公認ブログ   「SECRET SPOT」にて、米坂真之介が、   シーン秘密裏に徹底解剖&解説中!     Skateboard-Photography.jpg   是非↓読破してね☆   ☆ヒストリー記事一覧(現在進行中)     -他ブログ&コンテンツも多数配信-  
  80年代後半の「第三次スケートボード・ブーム」   前後を跨ぐ約10年間(1984~1993)を重点解説。     Bones-brigade-photo.jpg     ストリート・スケートボード文化発展の根拠は、   オールド・スクール時代終焉の理由でもあった。  
      【略説】   ストリート・スケートボードには、   元々はアールから生まれた、   OLLIE(オーリー)という   シーンの代表的なトリックがある。     AlanGelfand_CraigSnyder_credit3.gif     このひとつのトリックが、   様々な可能性の切り札となり、   数多くの発展の獲得へと繋げた。     tumblr_lxlwr8LEIr1qfzdu5.jpg     そして、オーリーは、   全てのトリックの入り口となった。     tumblr_lst79tqyGH1qdfri5o1_500.jpg     バーチカルのストール系は、   後の歴史で必ずストリートで   カーブやレールでスライド化し、     1_56443.jpg     フリースタイルから吸収した   テクニカル思考がトリックの流行を創り、   ギアが現在の最終系へ変化の道を辿り出し、   メインスタンスでのスライド、   及びグラインド系の全角度を網羅した時点で、   トリックの世界を無限領域へと導き出す。     i.jpg     ストリート・トリックの進化は、   バーチカル・トリックの複合&複雑化にも、   時間を掛け輪の様に返し繋がっていく。   そしてそれぞれが独自に進化していく。     Punk Rockers     又、「ストリート」という属性は、   音楽、アート、ファッション、他、     hiphop-images-2.jpg     特に街的な要素の高い様々な文化とも   広範囲に物販などでも交わる力を   強力に持っていた特性は他に類を見ない。     hensscootchrome.jpg     そしていつしかストリート・スケーターは、   人々のライフスタイルや考え方にまで影響を及ぼし、   スケートボードは、遊びから文化へと確実に昇華していく。       Open Book     これから解説する1990年からは、   そんな時代転換期の最たる歪みの時期。     newdealstickers.jpg     オールドスクール時代の   内容や雰囲気を深く把握出来ている人なら、   次回紹介の「NEW DEAL」の誕生にて、   本場アメリカのシーン自体が   新たにどんな方向へと進んでいるのかが、   その違いからすぐに判るはずだ。      
  追加   ストリート・スケートボードのトリックは、   後に、サーフィンやスノーボードへも派生。     083104octfletchaction_crop_340x234.jpg     発展の背景の一部には、スケートボードの   DNAが、実は根底には広範囲に存在する。     gallery_a gallery  
  そんな、全ての進化の原点が   色濃く始まる、遂に1990年の大波。   次回以降もお楽しみに☆       ※↓一日一回クリック応援をお願いします!     ※↓こちらもポチッとお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。
コメント(必須)